転職エージェントの活用法

転職エージェントは転職サイトと何が違う?

 転職エージェントと転職サイトの大きな違いは、転職エージェントには専任のコンサルタントがついてくれるという点です。大手のところでは、「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」「パソナキャリア」「などがあります。

 無料で登録することができ、登録が完了するとエージェントから連絡があり、コンサルタントとの面談が行われます。コンサルタントは、現在の転職市場を正しく理解できるようにアドバイスをしてくれ、客観的に自分に合った企業を分析してくれます。

 転職サイトを利用して企業に応募しても書類選考すら通らない、何十社応募しても転職先が決まらない、などの場合は自己分析が正しくできていなく、自分に適した企業に応募していない可能性があります。そのような場合は、転職エージェントを利用してコンサルタントに客観的に判断してもらい、応募先を紹介してもらうと良いかもしれません。

 1人での転職活動に行き詰りを感じたら、プロの手を借りてみるとスムーズに進んだり、心強さを感じたりもするでしょう。

転職エージェント活用方法

 30代も後半になるとどんどん転職活動が厳しくなるのが現実ですが、質の高い転職エージェントに登録することによって、転職に成功する可能性は高まります。転職エージェントには他の媒体にはないメリットがたくさんあります。

■求人情報が豊富
 ハローワーク、転職サイト、就職情報誌など他の媒体には公開されていない案件が豊富にあります。非公開の求人を紹介してもらえることによって、応募人数も殺到しないので競争率が低くなるというメリットがあります。

■相談、アドバイスを受けることができる
 職務経歴書の書き方や面接の答え方の指導を受けたり、転職に関するさまざまな相談をすることができます。また、企業との間に入り面接日を決めてくれたり、応募先の企業に自分ではなかなか聞きづらい、年収についてや勤務形態についての交渉も行ってくれます。

■スケジュールの感覚がつかめる
 1人で転職活動をしていると、闇雲に応募ばかりしていてさっぱり決まらない、次に何をしていいかわからないというような状況になることがあります。転職エージェントがついてくれると、いつまでに転職先を決めるためには、いつ何をしたら良いか的確にアドバイスしてくれるので、ダラダラと転職活動が長引いてしまうという事態を避けることができます。