企業が求める30代と、転職サイトの活用法

3.企業が30代に求めることとは?
 企業が30代の中途採用者を入社させるメリットには、「即戦力として、短期的にも実績をあげられること」のほか、「入社後に自社にどれだけ貢献してくれるか」という将来性に価値を置いています。
 そのため、採否の基準としては、幹部候補生としての潜在的なポテンシャルよりは、会社の利益に直結する実績や専門スキルを重視する傾向が強いです。
 
 とはいえ、30代である程度経験を積めば、管理職としてマネジメントに携わることが求められますから、後輩や部下の指導・育成、職場のコアなメンバーの中で果たす役割、プロジェクトリーダーの経験があると、組織の活性化という観点でも魅力のある人材となります。
 企業は30代の中途採用者に、これまでの社内にはなかった、新たなビジネスチャンスを提示すること、業務効率をあげる組織やシステムの構築などを考え、提案し、実行できることを求めています。
 社風にとらわれることなく、自由で斬新なアイデアを提供できるよう、しっかり企業研究を進め、その一端を面接で披露すると、採用の確率が格段にアップするはずです。

4.30代こそ、転職サイトをフル活用しよう!
 30代で有利な仕事探しをしたいなら、在職中に転職先を探すのが一番です。
 忙しい30代が効率的に転職活動を進めるには、転職サイトに登録するのが必須になります。
 転職サイトと一口にいっても、運営する会社によって、得意な業界や職種がまったく違います。
 UターンやIターンに強いところ、女性の転職に特化しているところなど、転職サイトごとの特色をリサーチし、複数に登録して、幅広く求人情報を収集しましょう。

 また、転職サイトに登録するときは、企業からのスカウトサービスを受けられるようにしておくのも、必ずやっておくべきことです。
 自分のこれまでの経歴に興味を持ち、問い合わせてくれた企業からのオファーは、自分が探して応募した求人より、採用される確率が高くなります。
 必ずしも、自分が希望する業界や職種ではないかもしれませんが、企業側はあなたの経歴が仕事で活かせると思うから、オファーをくれるのです。
 話を聞いてみるだけでも、選択の幅を広げる一助となりますから、そうした機会は積極的に活用しましょう。

 また、キャリアアップを目指す転職を実現したいなら、人材紹介会社に登録するという方法もあります。
 いわゆる転職エージェントと言われるもので、専任のキャリアコンサルタントが付き、相談や個別サポートを行ってくれますし、転職サイトにはない優良な案件が、非公開求人・独占求人として寄せられています。
 転職のプロの目から見た、あなたの強みや志向性を活かし、マッチングする企業を紹介してもらえるのは魅力です。
 こちらも得意分野が各社違いますので、事前リサーチをして、登録先を選ぶようにしましょう。

30代の仕事探しが未来を決める!
 現代では、40代・50代になっても、仕事を探すことはできます。
 ですが、キャリアアップにつながる転職を実現できる年代は、限定されています。
 30代の仕事探しは、その後の自分のビジネスマンとしての運命を決めるものになりますので、安易に妥協せず、納得のいくものを探すことをおすすめします。

 また30代ともなると、キャリアプランとライフプランのバランスをとることも、とても大事になってきます。
 自分の人生の中で、仕事をどう位置づけ、そこで何を実現したいのかを明確にするのも、30代には大事なことです。
 家族を持てば、自分一人の考えだけで転職を決められなくなるものですから、ライフプランも考慮しながら、納得のいく仕事探しができる環境を整えましょう。
 売り手市場だからこそ、自分により高い価値づけをして、満足できる転職を実現してください。